忘れないで!食べながら痩せるために作る食事はあなたと家族の命を守る

ダイエットに悩み、食べながら痩せる為にどんな食事が良いのだろうか?とここへ辿り着いたあなたに大切なご主人と可愛い子供のために是非お届けしたいメッセージが有ります。そしていつか素敵な男性と出会い『健康な赤ちゃんが欲しい』と願っているまだ御結婚されて居ないあなたにも是非読んで頂きたいと思います。

ダイエットの本来の言葉の意味

family

日本では一般的にダイエットとは『痩せる』や『減量』と言う意味で使用されている事が多い様ですが、ギリシャ語で『生活様式』を指し日常の食事といった意味でもあり又『栄養学』でも有ります。広い意味ではダイエットは『生き方』の事なのです。

私達は生きていく為に、そして生きている限り食事をします。よく『私は空気を吸っても水を飲んでも太るのよ』と言い訳する人がおりますが空気を吸うだけで太るのであれば生きている人全てが太っている事になる訳です。(*_*;  太っている人とそうではない人の違いは多々ありますが一番の大きな理由は食事の量と食事の内容です。体は食べた物(毎日の食事)で出来ているのです。あなたとあなたの大切な家族の体を作ります。生きて行く為に一生続く大切な事だからこそ食べながら痩せるダイエットと共に是非食事の大切さを認識して頂きたいのです。

食べながら健康に痩せるために作る食事は可愛いお子様の命を守る

子供の食事は体(骨や血液)を作るだけでは有りません。お母さんが作った食事を家族揃っていただく。その食卓から正しい味覚を知り食習慣を身に付けるのです。社会の常識やマナー『いただきます』『ご馳走様』『箸の持ち方』『食事時の姿勢』・・・等を知り、伝統の郷土料理や旬の野菜で作る日本の食事文化を学び豊で大きな心を育てるのです。大切なお子様の人格形成の場と言っても過言では有りません。お母さんは重要な役割を担っている訳です。

『こ食』という言葉を聞いたことが有ると思いますがあなたの大切なお子様の為に是非チェックしてみて下さい。

孤食・・・一人で孤独な食事をしていませんか?   栄養が偏る、好き嫌いがふえる、社会性が身に付かない

個食・・・家族バラバラに食事をしていませんか?  栄養が偏る、わがままになる、協調性が育たない

固食・・・好きな物しか食べなくなっていませんか? 栄養が偏る、肥満になる、キレやすくなる、生活習慣病になる

小食・・・食べる量が少な過ぎていませんか?    栄養が不足する、無気力になる、発育不全になる

濃食・・・濃い味を好む様になっていませんか?   味覚障害、肥満、生活習慣病になる

粉食・・・パンや麺が中心の食事になっていませんか? カロリーが高い、噛む力が弱くなる、肥満になる

現代の日本社会の風潮は少子化で共稼ぎ家庭が多く働くお母さんにとって毎日3度の食事を作る事は大変な苦労だと思います。時には急な残業で食事をコンビニのお弁当で済ませてしまう事も有るでしょう。又お仕事帰りに近所のドライブスルーでファーストフードをテイクアウトしてしまう事も有るでしょう。時にはお子様にお金を渡し『好きな物を買って食べてね』という経験は有りませんか? ・・・でもそれは第二次反抗期が終わってからが良さそうですね (*_*;

また子供の頃からジャンクフードやスナック菓子、レトルト食品を食べる習慣がついてしまうと炭水化物や糖質が多くビタミン、ミネラル、食物繊維が不足します。保存料や化学調味料などの添加物も多く濃い味付けなので味覚障害を起こしたり塩分や油分が多くてカロリーの高い食事になり子供のうちから生活習慣病などを引き起こす可能性があります。

また清涼飲料水を多く摂るとリン酸という物質がカルシュウムの排泄を増やし骨をもろくし骨折しやすくなります。更に清涼飲料水に多く含まれている糖質と酸で虫歯になる可能性が有ります。

カルシウム不足でイライラして自分を上手くコントロール出来なくなり家族や他人を傷つけたり、自傷行為に走ったり取り返しのつかない事件に繋がる事も考えられます。

忙しい、疲れている、面倒、料理が苦手、、、と色々な理由は有ると思いますがお休みの日に作り置きしたり冷凍したりお子様と一緒にお食事作りに挑戦したり、時々スーパーのお惣菜を利用するのも良いでしょう。出来ない理由を考えず出来る工夫をして下さい。特別豪華な食事にする必要は有りません。お母さんが手作りした愛情でいっぱいの食事で家族揃って楽くおしゃべりをしながら食卓を囲む様にする事が重要な事がおわかり頂けましたね。

食べながら痩せるために作る食事は健康な赤ちゃんの命を授かる

女性は皆んな一度は可愛い赤ちゃんが欲しいと思った事が有るでしょう。健康な赤ちゃん、好きな彼の赤ちゃん、天使の様に可愛い赤ちゃん・・・夢はどこまでも広がりますね。しかし健康な赤ちゃんが生まれる保証はどこにも無いのです。いつか夢が叶う時の為に今出来る事をして一生後悔のない幸せな子育てママの人生✨にしましょう。

本当は食べながら痩せる食事とはどんな食事かしら?とここへ辿り着いたはずなのに・・・とあなたは困惑しているかもしれませんね。でも太ってしまったあなただからこそいつか健康な赤ちゃんを産む為に食べながら健康に痩せる食事の重要性を知って頂きたいのです。

人間の体は食べた物で出来ています。血液、皮膚、臓器・・・細胞が日々入れ替わり生命活動している訳ですね。そして骨、爪、髪の毛が入れ替わるには更に何年もかかると言われております。ですから常に食事に気を付ける必要があるのです。いつかあなたが待望の赤ちゃんを妊娠した時、お腹の中の赤ちゃんは生まれて来るまであなたから栄養を貰って約10カ月間で急速に成長するのです。ママの食生活が本当に重要になって来る事はおわかりですね。

現代の日本の食事は6割近くが加工食品でそのほとんどに何かしらの添加物が使用されております。ですから食事を通して間接的に添加物を口にしているというわけです。保存料、酸化防止剤、うまみ調味料、着色料、香料、甘味料、乳化剤、、、このように書ききれません。近年アレルギー症状を起こす人やアトピー性皮膚炎を起こす人が非常に多いのも食品添加物が大きな要因の一つではないでしょうか?

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎に悩み『夜中に全身を搔きむしり血だらけになりながら泣き続けるなど親子の苦しくて壮絶な闘いです。』と涙ながらに話すママがおりました。あなたがもし健康な赤ちゃんを望むなら食事の重要性を深く認識し将来のためにも今から食べながら健康に痩せる正しい食事を心がけて下さい。

又生理不順や生理痛の女性が非常に多く、妊娠し難くなる可能性も有りますのでシャワーで終わらせるのではなく、しっかり湯船につかり体を温め一日の疲れを取ってぐっすり睡眠するように心がけましょう。

食べながら健康に痩せるために作る食事は素敵なご主人の命を守る

食事や生活の欧米化と共に外食産業も急速な進化を遂げております。美味しいピザや新鮮なお寿司・・・何でもクリック1つで即、お家に届く時代となりました。ビールが大好きな人にとってはお仕事帰りに立ち寄るコンビニ♪楽しみですよね。50メートル間隔で24時間いつでも好きな物が好きなだけ食べる事が出来ます。

その結果カロリー過剰となり中性脂肪、コレステロール、血糖値、血圧、脂肪肝、肥満・・・等々 健康診断で生活習慣病と診断されてお医者様から『痩せなさい』と言われたりお薬や通院治療をする事になっては仕事にも集中出来ません。

平成24年の厚生労働省の資料によると男性の死亡原因

第1位  がん

第2位  心疾患

第3位  肺炎

第4位  脳疾患

第5位  老衰

このように生活習慣病が原因で死亡している男性が非常に多く、勿論働き盛りに病気になってしまったら大変な事に・・(*_*;  あなたが食べながら健康に痩せるために作る食事はご主人の健康と命を守る大切な食事でも有るのです。一人でのダイエットは挫折します。ご夫婦で健康と食事について良く話し合いご主人は生涯現役で健康的にバリバリ働くために、あなたは食べながら健康に痩せていつまでも美しく家族から愛される明るい女性でいる為に食事を手作りして挫折しない様お互い支え合い励まし合いながら夫婦お二人で一緒にダイエットをする事が望ましいでしょう。

ブログ、ホームページ、口コミ・・・等をご覧になられて当ダイエットサロンに相談にお越し下さった皆様も真の健康を目指す栄養学に基づいて人生最後のダイエットに成功されております。

食べながら痩せるために作る食事はあなた自身の命を守る

あなたが大好きな食事は何ですか?ママ友と行くイタリアンランチ?カルボナーラにピザ (^◇^)  お代わり自由なカフェラテ と ハンバーグステーキのチーズトッピング・・・ハニートーストのアイスクリームトッピング、とても美味しそうですね。『デザートは別腹よ~♪』と聞こえて来そうですね。

でもチョット待って!!デザートにハニートーストって、、、(*_*; それは立派な主食です。

夜は職場の同僚とビールやフルーティーなチューハイで乾杯♪から揚げ、焼き鳥、焼肉、串揚げ3種盛り合わせ、・・・本当に美味しいものばかり。仕上げにラーメンと餃子・・・(*_*; こんな美味しい食生活、体が悲鳴を上げている。と分かっていても中々やめる覚悟が出来ないですよね。結果太ってしまって悩んでいるんですよね。

でも安心して下さい。病気になる前に今の食事を変えることで食べながら健康的に痩せる事は十分可能です。

かつて日本では主食は米、副食は魚や野菜を中心とする和食により世界有数の長寿国でした。しかし飽食時代と共に日本人を襲い始めたのが新たな病気、メタボリック症候群です。初期のダイエットは『痩せたいのなら食べない』の考え方でした。しかしその方法でダイエットした9割以上の人が失敗に終わっています。食べないダイエットでは正しく痩せる事が出来ないのです。又正しいダイエットでなければリバウンドします。あなたもその経験を持つお一人ではないでしょうか?

近年では『食べながら痩せる』食事がダイエットの最も重要なポイントだと考えられるようになりました。しかし『食べながら健康に痩せる』ためには食事の量と食事の内容が非常に重要です。正しい痩せる体の仕組みを知り正しく食べながら健康に痩せる食事へと改善していきましょう。

食べながら痩せる為に作る食事のポイント

1、食事を完全和食に切り替え5代栄養素をバランス良く摂る。

2、高たんぱく、低カロリー、低脂肪を守る。

3、脂質、糖質、塩分を減らす。

4、新鮮な野菜を毎食3回必ず摂る。

5、旬の魚や野菜を食材に使用する。

6、腹7分目~8分目を目安にする。

7、調理方法(調味料など)を工夫する。

8、冷たくて甘い飲み物は避ける。

9、夕食後は食べない。

10、食事量は1日トータルで考える。

11、食べ過ぎたと思ったら次の食事と翌日の食事で調整する。

12、食べたものを5種類に分類して記録する。(下記参照)

13、体重を朝晩2回計り記録する。(少数点第一位まで)

14、言い訳をしない。

15、1日の家族の健康と食事に感謝する。

あなたが食べながら痩せるために作る食事の必須ポイントを参考にして家族の健康と命も守って下さい。

食べた物の5種類の分類方法(5種類をバランス良く摂取する)

主食、糖質    ごはん、パン、麺類、芋、かぼちゃ、大豆以外の豆類、菓子、果物など

主菜       肉、卵、大豆、魚介類など

副菜       野菜、キノコ類、海藻、こんにゃく類など

乳製品      ヨーグルト、牛乳、チーズ、豆など

油脂類      オリーブオイル、ゴマ油、バター、ナッツ類、ベーコン、ウインナーなど

あなたが食べながら痩せるために作る食事はあなたとあなたの大切な家族を守る一生続く大切な事ですから以上の事を是非脳にインプットして毎日健康にお過ごし下さい。

食べながら健康に痩せる為の食事は家族皆んなの命を守るのまとめ

ダイエットの本来の言葉の意味

食べながら健康に痩せるために作る食事は可愛いお子様の命を守る

食べながら痩せるために作る食事は健康な赤ちゃんの命を授かる

食べながら健康に痩せるために作る食事は素敵なご主人の命を守る

食べながら痩せるために作る食事はあなた自身の命を守る

の5つのポイントでした。

ブログ、ホームページ、口コミ・・・等をご覧になり当サロンのダイエット相談にお越し下さった皆様も真の健康を目指す栄養学に基づいて人生最後のダイエットに成功されております。

今日からあなたも食べながら痩せるために作る食事はあなたとあなたの大切な家族の健康と命を守る食事でもあり一生続く大切な事と認識し早速実行して頂きたいと思います。

食べながら無理なく痩せたい!と思っていても行動に移さなければ昨日までの自分と何も変わらないのです。

イエイエ 太り始めたらアッという間! 益々太ってしまいます。『いつか始める』のいつかは待っていても向こうからはやって来ません。

昨日までの自分でいいのか?

行動に移して健康で美しく生まれ変わって自分に自信を持ちたいのか?

決めるのはあなた自身です。

病気になってから後悔するのでなく1日も早く食べながら無理なく痩せて真の健康と内面から輝く美しい女性になって頂きたいと願っております。

食べながら健康に痩せる為の重要なポイントと正しい痩せる体の仕組みについてはこちらもご覧ください。

食べながら痩せる!賢いサプリメント選びとダイエット成功3つのポイント